更年期障害の原因と対策法5つ

更年期障害とは平均して45歳?55歳の間に発症する女性が多く、最近では30代で発症することを若年性更年期障害と呼びます。

また症状は個人によって様々で、多岐に渡ります。

そこで今回、更年期障害の原因と対策についてご紹介いたします。

更年期障害の原因について

更年期障害には女性の閉経前後に、ホルモンバランスが崩れることが原因で、あらゆる不快症状が起きています。

更年期には卵巣の働きが弱まり、卵巣から分泌されるエストロゲンの量が急激に減少したことで、自律神経のバランスが崩れ、体の不調を感じるのです。

しかし、更年期の症状は人によって重さも違い、ひどい人では、日常生活が困難となり、治療が必要な人もいます。

しかし全く症状が出ない人もいるのです。

そこで、更年期症状の対策法や予防策について考えていきましょう。

症状に合わせて漢方を飲んで改善する

更年期障害に効果がある漢方薬がいくつかあります。

漢方は効き目がゆっくりですが、体への副作用が比較的少ないのでオススメの治療法のひとつです。

では、更年期症状に効果がある漢方をご紹介します。

中には漢方が苦手だという人もいると思うので、その場合は更年期に効果があるサプリメントなども活用してみてください。

参考サイト>>更年期サプリでつらい症状を改善!徹底比較サイト

更年期症状に効果的な漢方

当帰芍薬散

当帰や芍薬など6種類の生薬からなります。体力が低下し疲れやすい女性に適しており、めまい、動悸、頭痛、手足の冷えなどの症状を改善します。

桂枝茯苓丸

桂枝や茯苓など5種類の生薬からなります。比較的体力のある女性に適しており、のぼせやホットフラッシュなどの症状を改善します。。

加味逍遙散

当帰、芍薬や茯苓など10種類の生薬からなります。体力が中程度で疲れやすい女性に適しており、精神不安、不眠、イライラなどの精神症状を改善します。

症状や体質に合わせて薬を選びましょう。また漢方外来を受診すると、漢方をその人の体質に合わせブレンドしてくれます。

ぜひ、試してみてください。